塾と予備校の違いは?

学習塾コラム

「塾」と「予備校」の違いとは?

「塾」と「予備校」って何が違うのか?
意外とわからない方も多いと思います。
まずは対象と目的が違います。
「塾」と「予備校」の違いは、塾は主に小学生、中学生が対象なのに対して
予備校は対象が高校生と浪人生のみであるという点です。
つまり予備校は主に大学受験に向けての知識や情報を教えています、
さらには専門性の高い司法試験、公務員試験、弁理士、税理士、公認会計士などの試験を目指すための予備校も存在しています。
塾の場合は対象年齢が下がるぶん、勉強だけではなく広告などの仕事や様々な資料作成、通学時の安全をサポートするなど、様々な仕事があります。

契約の差

「塾」と「予備校」の違いとしては、講師の契約スタイルも違います。
塾講師は進学塾の会社の正社員という契約が多いのですが予備校講師(の多く)は個人事業主で、予備校と年間契約をしています。塾講師は上記のように勉強以外のサポートをすることも仕事のうちですが、予備校講師は勉強のみ、講義のみの契約となります。
予備校は生徒が講師を選んで受講できるシステムです。
その為、人気が出れば出るほど報酬が上がり、逆に人気が無いと契約を続けられないという状況です。講師には学力の高さだけでなく講義の面白さ、話術、容姿、個性、人間的魅力など、プロとしての高いスキルが必要です。
塾の場合も非常勤講師は年間契約です。しかし生徒が講師を選ぶことはできないので予備校講師ほどのリスクはありません。

「授業」と「講義」の違い

塾の場合は「授業」と呼び、予備校は「講義」と呼んでいます。
塾の授業は学校の授業に近く、生徒を指して答えさせるような事があります。
それに対して予備校の講義は、そのようなことが無く、セミナーや講演会に近いかたちになります。
塾は小学校、中学校の授業をサポートするような感じで、予備校はより高いレベルの講義を聞きに行くという感じです。
塾は毎日同じ講師が同じ生徒を教えていて、生徒の事を熟知しており、そこから進路指導なども行います。予備校講師は講義のみなので進路指導などは行いません。

Random Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*