不当に雇い止めされた予備校「河合塾」の講師の復職を労働委員会が認める!

予備校「河合塾」

大手予備校の「河合塾」に雇い止めをされた女性講師の件で、河合塾講師でつくる労働組合「河合塾ユニオン」が2012年8月に申し立てをした件の最中に講師で組合書記長の佐々木信吾さんに対する雇い止めが発生。追加で申し立てをしました。その結果愛知県労働委員会が8月30日付で復職などを命じる命令書が出されました。

もともとなぜ雇い止めになったかと言えば、河合塾の校舎で労働契約法についての資料を数人に渡したからだそうです。それだけで翌年の契約を止められたのだそうです。
たしかにそれは酷いですね。
そしてその背景には講師に対しての契約の問題があります。学習塾や予備校の講師は必ずしも正社員ではありません。
河合塾では「講師職講師」か「委託契約講師」を選ぶ契約だったそうなのですが、契約社員だったり業務委託だったりアルバイトだったり・・・労働条件ではきちんとされていない学習塾・予備校も多いのではないでしょうか・・・?

※資料リンク※
河合塾講師「雇い止め」、労働委員会が復職認める…委託契約講師の「労働者性」も認定

Random Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*