学習塾とは?学習塾について調べてみました。

学習塾コラム

学習塾とは

まず基本的な話として「学習塾とは」について調べてみました。
「Wikipedia」によりますと

『学習塾(がくしゅうじゅく)は、主に小学校・中学校の放課の後に、有償で学力の補強や学習の補助などをする教育施設である。一般的には、単に塾(じゅく)と呼ぶことが多い。また特に受験対策を行う塾を進学塾(しんがくじゅく)ともいう。』
学習塾 – Wikipedia

という説明になっています。
かんたんに言うと、学校の他に勉強を教えてくれる所で、有料の所
ということです。
なんと全国に55,037もの学習塾があるという情報がありますが、これは2014年の情報のようですので現在はもっと沢山あるでしょうね。

学習塾軒数【総数順】 [ 2014年第一位 東京都 ]

学習塾の種類について

学習塾はまず「学力別」で分類することができます。

「難関校進学クラスの学習塾」・・・大手の学習塾では、難関校を目指すためのクラスがあります。
まさしく志望校に合格する為の勉強をします。勉強だけではなく、合格へのテクニックなども学びます。

「クラス分けのある学習塾」・・・人数の多い大手の学習塾では、学力によってクラス分けがされています。
「クラス分けの無い学習塾」・・・中小規模の小さな学習塾では、学力によるクラス分けをしない塾もあります。
次に、学習塾の「人数別」でも分類することができます。

「大人数での集団授業の学習塾」・・・学校の授業のように大人数で集団授業をします。講師が授業を行い、講師によって人気なども変わります。

「自習形式の学習塾」・・・自習形式の塾も有ります。公文式や学研教室がこれにあたり、生徒は問題のプリントなどを貰い自習をします。
アルバイト講師などが巡回して指導することもあるが、ほとんど指導はありません。

「少人数制授業の学習塾」・・・1クラスの人数が5人~10人程度の少人数のクラスで授業を行います。個人経営の塾がこのような形式をとっています。個人経営ということもありますが、指導がじっくりできたりアッホームだったりします。

「個別指導の学習塾」・・・1クラス1人~4人程度を1人の講師が教えるスタイルの学習塾です。しっかりとした指導が期待できる半面、授業料が高額というデメリットがあります。「大人数での集団授業の学習塾」と比べて3倍~6倍もするといわれています。

現在は、少子化の影響で「少人数制授業の学習塾」が増えているらしいです。

Random Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*